レンズとボディと私。

野鳥撮影から、いつの間にかアウトドアに魅了されたのだ。

DANGO M1 MAVERICK RAIL WALLET

世の中、キャッシュレスの時代だ。私はというと結構前からキャッシュレス推進派で、現金はほとんど持ち歩かない。現金を持ち歩こうと思うと、どうしても避けて通れないのは銀行だ。

ATMにはずらりと人が並び、必ずといっていいほど待たされる。1分、また1分と時間を浪費するあの感じが何とも煩わしくてたまらない。故にほとんど銀行に行かない。行かなくなると現金を持ち歩かなくなり自動的にキャッシュレスとなったわけだ。

現金を持ち歩かなくなると、大きな財布が必要なくなる。私は財布をポケットに入れて持ち運びたい派であるため、今までは小銭やお札などでカッコ悪くポケットが膨れることがあったが、そんな時代とはおさらば。最近はミニマムな財布を使っている。

 

f:id:kazechannel:20191101154012j:image

 

ミニマムな財布を作っているメーカーは数多あるが、気に入っているのはカルフォルニアに本社を置くDANGO(ダンゴ)というメーカーだ。男心を擽られるアルミ削り出しのD01というモデルを愛用していた。

非常に薄く、本革とアルミ、シリコンバンドというシンプルな構造で気に入っているが、免許証と保険証、クレジットカードなど、3枚ほどのカードしか入らないため、場合によってはポイントカードや会員証などを持ち歩くために、別でカードケースを用意する必要があるのが悩みだった。

とはいえ、ちょっとした外出ならD01のみ持ち歩けば良いので、非常に身軽で最高だ。シリコンバンドにお札を挟めば現金も持ち歩ける。

 

f:id:kazechannel:20191101154053j:image

 

最近ダンゴが新しく発売したM1 MAVERICK RAIL WALLETは、悩みだったカード問題を解決してくれる物だ。カードが9枚、そして数枚のお札が持ち運べる。私には十分な容量だ。

ポイントカードを何枚もコレクションしている人がいるが(私の嫁さんとか)、ポイントカードは1年に1回も使わない物や、実は最初に行ったっきり行っていないお店のものがあったりする。それに、Tポイントやヨドバシポイントのように今やアプリで対応できるものもあるので、物理的なカードを持ち歩く必要がない場合もある。

私の場合、免許証、保険証、会員カード2枚、クレジットカード2枚、キャッシュカード3枚あれば良い。

 

f:id:kazechannel:20191101154112j:image

 

M1の材質は6061アルミニウムで、重さ約140g、サイズは縦105mm、横75mm、厚さ14mmとコンパクトかつ軽量。そしてご覧の通りのシンプルな構造。色は材質が分かり易いアルミそのままのシルバーを選んだ。カラバリはシルバーとブラックの2色だ。

 

f:id:kazechannel:20191101154304j:image

 

アルミ削り出しなので、切削加工した痕が残ってしまっているが、今となっては珍しいハンドメイドなのでこれも味と思えば問題ない。

 

f:id:kazechannel:20191101154439j:image

 

カードをは10枚入れることが出来た。これだけ入れば十分だ。

 

f:id:kazechannel:20191101154609j:image

 

カードは爪でホールドされるため、振っても飛んでいく事は無い。カードをセットすると「カチン」と僅かに金属音が鳴るのだが、これがまた男心を擽るのだ。写真撮影用にヨドバシのカードをセットしたが、もちろん普段はアプリでポイント管理しているので持ち歩かない。

 

f:id:kazechannel:20191101154800j:image

 

お札はシリコンバンドでホールドする。バンドは摩擦が強いシリコンなのでお札がスルッと抜けてしまうことは皆無。三つ折りにしないとお札を携帯できないのが難点ではあるが、ほとんどキャッシュレス決済で、お札を出し入れすることが少ないため特にストレスはない。

ちなみに、シリコンバンドはグレーからブラックカラーに交換済み。好きなバンドカラーに交換してカスタムできるのもダンゴの財布の良いところだ。

価格は109ドル。日本での販売はされていないため、アメリカからの個人輸入になるが、これはオススメできるミニマムウォレットだ。

 

 

 

 

 

Klean Kanteen TKpro 25oz

Klean Kanteen(クリーンカンティーン)がすっかりお気に入りアイテムとなり、TKwideに続きproも欲しくなったため25oz(約750ml)モデルを購入した。インスタント食品に300〜500ml、コーヒーに150ml〜300mlのお湯を使用することを想定して25ozを選んだ。

 

f:id:kazechannel:20190917080131j:image

 

TKproの特徴はなんといってもプラスチック樹脂を製品中に使用していないことだ。ステンレススチールとシリコンのみで形成されており、マイクロチップなどによる海洋汚染が問題となっているプラスチックを使っていないことには好感が持てるが、シリコンも自然分解しにくい素材なので何とも言い難い部分もある。

保温・保冷性能はTKwideより高い。そういった意味でもproということだろう。ボトル本体及びキャップは真空二重構造で、カップは二重構造となっている。インスタントコーヒーをカップに入れ、そこにボトルのお湯を注ぐと熱々のコーヒーが飲める。

 

f:id:kazechannel:20190917081829j:image

 

カップの容量は305mlなので、インスタントコーヒーだとカップ半分くらいまでお湯を入れるとちょうど良い。カップは真空構造ではないため素晴らしく断熱性が高いわけではないが、ある程度は温度を保ってくれる。二重構造故にカップ本体やフチが熱くならず飲みやすい。カップのフチは内側方向に向かってラウンドしているので、口当たりが良い。

 

f:id:kazechannel:20190917082830j:image

 

TKwideではボトル本体に点状にスクリューが設けられていたが、TKproではキャップ部に同様のものが見られる。構造上仕方のない事だが、キャップを締めると金属と金属が擦れる音がするのが気になるという人もいる。個人的にはあまり気にならないので問題ない。

口径が小さい分、保温性はTKwideより有利であるが、メンテナンスはし難い。ステンレスボトルはお湯を入れてボトルを温め、お湯を捨てると余熱で一気に乾いてくれるが、口径が小さいためTKwideより乾き難い。TKproでも氷は入るが、口径が66mmもあるTKwideの方があらゆる面で利便性が高い。

但し、TKproはマグカップを持ち歩く必要が無いため、その点では便利である。ちなみに保温性能は、沸騰したお湯を入れてから6時間後で81度であった。即席のスープやアルファ米などを調理する分には十分な温度だ。

真空断熱タイプのボトルは星の数ほどあるが、個人的にはklean kanteenがオススメだ。

 

 

 

 

Klean Kanteen TKwide 32oz

Klean Kanteen(クリーンカンティーン)の2019年モデル TKwide 32oz(約950ml)を購入したので、使用感などをレビューする。ネットなどを見ても意外とレビューが少ないので、購入を検討している人の参考になれば良いと思う。

 

f:id:kazechannel:20190916170945j:image

 

カラーは目立ちにくいブラックを選択した。塗装は丈夫な粉体塗装だと思われる。サンドペーパーのようにザラザラしていているため手に持った時に滑りにくい。

そもそも何故クリーンカンティーンを選んだのかというと、自然を大切に思うブランドコンセプトと独自のデザイン、機能性が好みだったからだ。ただ単に保温・保冷性能だけを求めるなら、サーモスの山専ボトルやモンベルアルパインサーモボトルが候補になる。が、両者は共通してデザインがよろしくない。軽量で性能も良いのだが、道具を長く使っていく上で大切なのは道具を気に入っているかどうかだと思う。

ちなみにTKwide 32ozの重量は567gとややヘビー。お湯を規定量入れれば約1.5kgにもなる。アルパインサーモボトルの場合0.9Lで380gなので、規定量までお湯を入れると約1.3kgだ。軽さはアルパインサーモが圧勝だ。

 

f:id:kazechannel:20190915181537j:image

 

真空断熱構造であり、66mmの大きな開口部には特徴的な溝がある。本体側では無く、蓋側にスクリュー(溝)を切ることで保温性が増すとクリーンカンティーンは謳っている。あえて溝を無くすことで独特なデザインと洗いやすさを実現している。

ボトル本体はステンレス製で内部は18/8ステンレスが採用されている。非常に腐食、熱に強いステンレスで西洋食器以外にも機械などの恒久部品にも使われる。高級グレードのステンレスだ。

 

f:id:kazechannel:20190916090757j:image

 

フタ部分はステンレスとBPAフリーのプラスチック樹脂、シリコンで形成されている。もちろんフタにも真空構造が採用されている。よく見ると樹脂によって形成されたスクリュー(溝)がボコボコと凹んでいるが、これはボトル本体の点状のスクリューの為だろう。長年使っていく過程で万が一破損しても、フタ部分は1,000円ほどで買えるので問題ない。

 

f:id:kazechannel:20190916092057j:image

 

フタ部分に設けられたステンレス製のハンドルは収納可能。カラビナをつけてボトルを吊したり、ハンドルを持ってフタを開ける程度ではびくともしない十分な強度を持っている。

やや重たいのは否めないが、個人的に好きなデザイン。使い込むうちに塗装が剥げたりキャップが壊れたりするだろうが、長期間使っていきたいと思えるアイテムだ。

気になる保温性能は、また後日。

 

ハンモックで森林浴

田舎者の遊び場と言えば、基本的には自然界にしかない。私はど田舎の出身なので、近くにデパートもなければテーマパークもない。シンプルな遊具が並ぶ小さな公園、水田の側を流れる小さな川、荒波の日本海、木々が生茂る山々が私の遊び場であり、中でも特によく遊んだのは山だった。

今では都会の喧騒の中に身を置く生活となり、周りを囲むのは灰色のコンクリート、黒いアスファルト、そして夥しい数の人々。進学してきたころは輝かしく見えた場所も、今の私にはすっかり霞んで見える。

 

f:id:kazechannel:20190910144025j:image

 

山の匂いは何処もそう変わらない。土や木々が放つ独特の匂いは、私に懐かしさと落ち着きを感じさせてくれる。樹木が発散するファトンチッドという化学物質の匂いだろうか。よくわからないがリラックス出来るのだ。

そのリラックス効果を高めてくれるのが、いつだかにレビューしたTHERMARESTのスラッカーハンモックハウスだ。

 

f:id:kazechannel:20190910142940j:image

 

森林浴に必要な荷物は、ハンモック一式とバーナー、水と食料、マグカップ、ナイフ、タオル、フィールドホッパー(簡易テーブル)だ。これをカリマーの25Lのザックに突っ込んで、最適な場所を気分で探す。スラッカーハンモックは本当に簡単に、スピーディな設営が出来る。生地の質感も良く、丈夫で信頼できる素晴らしいハンモックだ。

 

f:id:kazechannel:20190910143449j:image

 

ウインドバーナーはガスを浪費せず、本当に早くお湯を沸かせられる。これ一つ持ち出せば良いのが便利。余談だが、初めて食べたカレーメシは意外にも美味しかった。私としてはこれは中辛ではなく完全な甘口なので、辛口もラインナップに加わってくれると嬉しい。

 

f:id:kazechannel:20190910142559j:image

 

ご飯を食べる時は椅子としてハンモックを使い、食べ終われば寝転がって木漏れ日に照らされながら、ただ空を眺める。「ここは広葉樹が多いなあ、あの木はこないだの台風で倒れたのだろうか」などと物思いにふけながらボーッとする。フレッシュな空気を肺一杯に吸って、気が向いたら読書をする。ある程度読み進めたら散歩。

自分が田舎者という事もあるだろうが、やはり自然の中は落ち着く。生命力に溢れた場所で喧騒から遮断されて過ごす時間は、大人になって時間やルールに支配され、忘却した何かを思い出させてくれる。

 

f:id:kazechannel:20190910145201j:image

 

子供と山に行くと特に感じるのが、私自身の遊び心の変化と減少だ。木の枝を拾って振り回したり、石を川に投げたり、そういったことを楽しそうにする子供を見ると、どこか懐かしく、少し虚しくもなる。私もそういった事に楽しさを感じる時期はあったが、年齢と共に重ねた経験が少しずつ純粋な遊び心を消している気がする。

幼い頃は何でも経験して早く大人になりたいと思ったものだが、いざ大人になってみると、時間と共に大切な物を置きながら歩いて来たことに気が付く。

 

 

 

 

続 MSR WINDBURNER STOVE

 

f:id:kazechannel:20190827091036j:image

 

今回はMSR WINDBURNER STOVE(エムエスアール ウインドバーナー ストーブ)のレビュー続編だ。

このウインドバーナーは機能こそジェットボイルと同等だ。水を一早く沸騰させることに特化したストーブシステムなのだが、ある部分においては他のメーカーに比べ圧倒的な性能差を持つ。そのある部分とはズバリ「耐風性能」だ。

ジェットボイルの湯沸は確かに爆速なのだが、使用環境がいつも無風とは限らない。自然界では四方から風が強弱をつけて吹く事が多い。そのような環境下では火が安定しない上、熱が逃げてしまうためになかなか沸騰させられないのがジェットボイルの弱点で、風防を使うなどの対策を強いられる事がある。

しかし、ウインドバーナーは強風が吹く環境下でも確実に水を沸騰させてくれる。秘密はバーナー部分と、熱を吸収するリアクター部分にある。

 

f:id:kazechannel:20190825175110j:image

 

タービンのように配置されたリアクターの1つ1つが熱を吸収するだけでなく、排気のコントロールを担っている。ガスの燃焼によって得た熱はリアクターに吸収され、さらに排気口に届くまでのクッカーの底全体を温める。

なんとなくだが、こういう機能美的な造形は非常に男心を擽るものがある。

 

f:id:kazechannel:20190827084513j:image

 

側面に空いた平行四辺形の穴が排気口だ。バーナーの熱はここから排出される。ガスはミックスシリンダー(空気とガスを混ぜる部品)を通りバーナー部まで運ばれ、そこで燃焼、熱エネルギーをクッカー底が高面積で受け止め、側面から排出される。つまりは燃焼を邪魔したり、熱効率を下げる自然風が入る隙間が無いのだ。

 

f:id:kazechannel:20190828202954j:image

 

燃焼によって発生した熱の流れを書くと上のような画像の通りとなる。オレンジ色がバーナー面で、赤色の矢印が熱をイメージしている。ちなみに実際のバーナー部分はこんな感じ。

 

f:id:kazechannel:20190827090140j:image

 

金属のメッシュが幾重にも重なっている。中には特殊な触媒が入っているらしいが、分解できないので実際にお見せすることはできない。

高面積のメッシュによって発生する多量の遠赤外線によってお湯を沸かすので、効率が良く風に強いのだろう。

 

f:id:kazechannel:20190827090556j:image

 

燃焼直後は一本の細いワイヤーが発光する。これが着火した事を示してくれるので、わかりやすくて良い。着火はマッチかライターが推奨されている。おそらくだが圧電着火式のイグナイターやメタルマッチでは着火しないだろう。マッチ数本と刷り紙を小さなチャック付き袋に入れておけば安心だ。

ちなみに500mlのお湯を沸かすのにかかった時間は2分だった。ティファールよりは早いが、早さだけならジェットボイルが勝るか?