レンズとボディと私。

主にカメラの話と写真、日々の雑談を綴るブログです。

TRAVERSE ALPHA

f:id:kazechannel:20180916115515j:image

TRAVERSE ALPHA(トラバースアルファ)という名の時計を購入した。これはフィンランドの精密機器メーカー「SUUNTO(スント)」が販売しているスマートウォッチだ。今までApple Watchを愛用してきた私だが、ここに来てスントを選んだ

9月中旬に毎年のように見るAppleのページ。そこには新しいiPhoneApple Watchが並んでいた。携帯は2年おきに買い換えているので新型が出たら買おうと思っていたが、名称、スペック、価格を見て絶望した。

併せて新型のApple Watchにも絶望。バッテリー性能も大して変わっていないし、OLEDの採用なんて全く必要ない。表示領域が増えたのは良いことだが、アウトドアユースで使えるような機能がない。アクティビティには向いているだろうが、単体での方位、気圧、高度の表示などが出来てほしかった。

仮に新たにApple Watchを買うとして試算して見ると、44mmアルミニウムのGPSモデルでAppleCareに加入した場合6万円超。この価格でバッテリーが2〜3日しか持たないなんて、冗談でしょう。Appleとしては「毎日充電してね」ってことなんだろうが、その作業が面倒。何気に時間もかかる。

iPhoneもすごく高価。Xs max 512gbでAppleCare入れると20万円なり。他のメーカーが高性能化しつつも価格を抑えているのに、Appleはその流れを無視。しかもmaxって。個人的には最大級にネーミングがダサいと思ってしまった。故に今回は発表されたどの製品も買わないことにした。

とはいえ、腕時計をつけない訳にはいかない。スマホで時間が確認できるので、腕時計など必要のない時代にはなっているのだろうが、時間を知りたくなると左腕を反す癖がついているので、私は腕時計の方が便利。スマホをわざわざポケットから取り出して、スリープを解除する動作が煩わしい。

そこでApple Watchに変わる時計を探し、行き着いたのがスントのトラバースアルファだった。時計表示モードで14日ほどバッテリーが持続するので月2回ほどの充電で済むし、高度、方位、気圧などの情報を単体で所得するとこができる。Apple WatchiPhoneありきの時計だったが、トラバースアルファは親がおらずとも様々な機能を使える。

続く。

通過儀礼

f:id:kazechannel:20180829104054j:image

通過儀礼とは産湯や七五三、結婚など人が成長していく過程で通る段階的な儀礼のこと。誰しもが通る道だ。私の中にも様々な通過儀礼がある。

カメラのレンズを買ったならば、プロテクターフィルターを真っ先に装着するし、クッカーを買ったならまず洗剤で洗う。誰にでも同じような経験があるのではないだろうか。

先日、気になっていたナイフを買った時のこと。私はナイフを買うと、まず切れ味のテストを行う。そして必要であれば研ぐ。フォールディングナイフなら、オープン/クローズのテストを何度かして、動作が鈍くないか、好みの感触であるかを確認する。必要に応じてオイルを差したりもする。

最近買ったナイフは、ケーバーのフォールディングナイフ「ドージア フォールディングハンター」だ。日本で購入すると約3500円ほどするが、海外だと20ドルほどで取引されているようだ。いずれにせよ安いナイフではある。

しかし、安いながら鋼材はAUS8を採用。ありがちとか言わない。ブレードロックは構造上信頼性が高いとされるロックバック方式を採用。ブレードオープンで「カチッ」と良い音を立ててガッチリとロックがかかる。ハードな使用には向かないナイフだが、ある程度ハードな使い方をしても信頼できそうだ。

実はブレードロックがロックバック方式の物を使うのは初めて。「ロックバック方式はワンハンドクローズが容易」なんていう謳い文句にワクワクしてオープン/クローズをやりながら開閉のトルクを調節していた時、勢い余ってブレードが指にグサリ。

慣れた事だが、何度経験しても痛い。しかしこれも通過儀礼のようなものだ。(笑)

使ってみると思いのほかロックバック方式は不便。ロックする時に刃の動きに注目しないといけないため、ノールックでオープン/クローズが難しい。カチッというロックは気持ち良いし信頼できるが、使い勝手という面ではやはりインナーロック式の方が遥かに使いやすい。箱開けなどで普段使いしようと思っていたが、なかなか無神経に扱えるものではないようだ。

ドージアの切れ味は良好。ペーパーテストもサクサクだし、グラインドがスピアポイントライクなのでポイントを使った細かい作業も容易にできそうだ。フラットかと思って購入したが、ホローグラインド。フォールディングハンターというだけはある。

安い割には良くできたナイフ。軽量で厚みも薄くEDCに最適(日本では犯罪)。しかしサムスタッドオープンが動線的にしにくいなど、使い勝手は良くはないナイフだ。

コッヘル?クッカー?

f:id:kazechannel:20180814075102j:image

コッヘル?クッカー?どちらで呼ぶかは人それぞれ。コッヘルはドイツ語、クッカーは英語、意味は同じでアウトドアにおける調理用鍋のこと。主に少人数での調理を想定した小さめの鍋を意味することが多い。

私はファミリー向けのステンレスクッカーを持っているが、ソロ用のクッカーは持っていなかった。先日のキャンプで後輩が900ccサイズのクッカーを使っているのを見て、「小さくて携帯に良さそうだしソロで活躍しそうだ」と思い、プリムスのイージークックNSソロセットMを購入した。

この手のソロ用のクッカーは3000円ちょっとで買えるものが多い。スノーピークのアルミ製の物だと2700円程で買えてしまう。私が選んだプリムスのクッカーは約3200円だった。材質はアルミで重さは262g、内側にフッ素樹脂加工がなされている。調理においてを焦げ付きを軽減してくれるフッ素樹脂加工は大変便利だ。

このサイズとなると私の愛用しているバーナー、ST-310がスタッキング出来るのではないかと思い、色々な角度で入れてみるが上手くフタが閉まらない。何度も挑戦はして見たが、上手くスタッキングできる方法が無く、ST-310を収納することは諦めた。

そもそもST-310は割とサイズが大きめの設計なので、スタッキングには不向きだろう。私が使っているもう一つのバーナー、ST-301も当然スタッキングは無理。しかし双方とも安定性がよく、CB缶仕様のためランニングコストが安いという点では、アウトドアで気軽に調理をする為の最高のアイテムだ。少しでも小さく、軽量にとなると、登山などに向いたシングルバーナーが選択肢に入る。そういったバーナーだとソロ用クッカーに楽々収納できるし、何ならガス缶も一緒に収納できる。

愛用しているSOTOの製品でコンパクトなシングルバーナーを探すと、選択肢はそう多くはない。SOD310やSOD320がそれらに該当する。片手に乗るサイズで重さは両者とも100g以下。魅力的なバーナーだ。ううむ。

ヘリノックス風

f:id:kazechannel:20180809174105j:image

ヘリノックス風チェアがAmazonで多数見られるようになった。ヘリノックスしかああいったコンパクトチェアを販売していない時は1万円〜の高級チェアであったが、お隣の大国がどんどんリスペクト?オマージュ?(パクリ)してくれたお陰で、コンパクトチェアは今や親しみやすい存在となっている。

私は多数のチェアを所有しているが、そのほとんどがコンパクトチェアだ。ひと昔前は折りたたんでも収納サイズが大きく嵩張るのが当たり前の物だったが、今は小さいものもあるので収納に困ることはない。メーカーは様々だが、エーライトやヘリノックスといった有名どころは持っていない。

何故、所有していないか。理由は3つある。1つは価格が高価であること。無名ブランドのアルミ製コンパクトチェアが2000〜3000円で手に入るのに対し、有名どころのチェアは1万円を超える。単純計算でブランド品1脚買うお金があれば、無名ブランドのものが3つ揃うことになる。まあ3つあってもお尻は1つなのだが。8000円高い差額があれば、他のものを揃えるほうがお得に感じるのが消費者心情だ。

2つめの理由は、無名ブランドの品質が良くなって来ており、差異があまり無くなってきたからだ。2年ほど前だと、無名ブランドの物はポールが突き抜けたり、座面となる生地が破れてしまったりと不具合が多かった。これは単に形をパクったが故の結果だ。が、しかし、レビューを見ているのか年々改良され、今では本家と遜色がないなんていうレビューも見られる。

そして最後の理由は、無名ブランドと本家との座り心地に大差がないと実際に体感したからだ。ヘリノックスやエーライトのチェアに座って見たが、座り心地だけで言うとそんなに差はなかった。座面となる生地やアルミポールの精度という点では当然ながら本家が勝るが、値段を考慮して天秤にかけると「大差がない」という結論に至った。所有欲という点ではブランド力が満たしてくれるだろうが、他人の椅子をまじまじと見る人はそういないだろうし、ましてや一時的に座るための椅子なので高級品である必要がないと私は思う。

とは言えヘリノックスやエーライトの製品に興味が無いわけではない。今興味があるのはエーライトのメイフライチェアだ。意外なことに、メイフライチェアの形状を真似した無名ブランドのチェアが存在しない。どこぞの大国の方が1人でも目をつけて作ってくれれば、便乗して様々なメーカーが出し始めるだろうが、最初の一歩が未だ出ていない。

ということは現在ああいったロータイプのコンパクトチェアはエーライトのメイフライチェアのみ(似たようなやつはあるだろうが)ということになる。そこまで複雑な構造ではないが、ヘリノックスのような形よりは真似し難いのかもしれない。ひょっとするともう設計、製造され始めていてコンシューマーに届いて無いだけなのかもしれないが。

ヘリノックスをオマージュ、コピー、リスペクトしたノウハウを活かして、メイフライチェアのパクリも大国の方には出して頂きたい。買わせて頂きますよ、私は。本家高いんだもの。(笑)

魔法の煙

f:id:kazechannel:20180725174024j:image

魔法の煙でちょいと燻してやれば、ベーコン、煮卵、ウインナー、チーズ、大概のものは美味しく化ける。さらに「美味しく」というべきだろうか。そう、魔法の煙とはスモークチップやウッドから出る煙のことである。

流行りというのはコロコロと移り変わるものだ。最近の私の中での流行りは「燻製」で、最初は小さなスキレットでの燻製から始まったが、気がつけば専用のキットを購入するに至っていた。 いやはや、流行りとは恐ろしいものである。

燻製には冷燻、温燻、熱燻と三種類の方法がある。字が表す通り、燻す温度帯が違うのである。冷燻は燻製をするための大きな空間を有しているか、気温が低い時期でない限りは一般人には出来ない製法。なので私の場合、温燻と熱燻のどちらかの方法を用いることになる。

スモークに使用するチップには二つ種類がある。一つは木を粉々に粉砕し、小さな木片のような形状をした「スモークチップ」と呼ばれるもの。これは直接火を点けるとただ燃えてしまうだけなので、間接的に高温となるように熱源で温める。一定温度まで達すると、チップが炭化すると共に煙が出るという仕組みだ。この時、ザラメ砂糖をチップに混ぜておくと色付きが良くなる。

もう一つは「スモークウッド」というもの。これは直接火を点けるタイプで、線香のように火をあげないまま少しずつ燃える。燃える際に出た煙で燻すという仕組みだ。物にもよるが、一度点火すると2時間程は煙が出るし、高温になりにくいので温燻に最適だ。

スモークチップでの温燻は温度管理が大変だが、ウッドよりも色づきが良く、熱燻なら食材にゆっくりと火を通すことが出来る。おまけにチップのほうが安価である。

ウッドは一度火をつけてしまえば、燃え尽きるまで放置していても問題はない。ただ、チップに比べ価格がやや高い。とは言っても石鹸のくらいの大きさのブロックが3つ入って400円ほどなので、コストが気になるような価格ではない。

昔のそのまた昔であれば、燻製は食料保存の方法として非常に有効であった。しかし保存技術が格段に向上した現代において、燻製は食材に香りを付加する技術に過ぎない。しかし、他の保存技術には無い、食材の美味しさを引き出す魔法がある。特に出来立ての燻製なんかは格別だ。

もちろん、何でも燻せば美味しくなるというわけでは無いのだが...。