レンズとボディと私。

主に写真関連だったはずが、最近は日々の雑感がメインのブログに。

SEA TO SUMMIT

f:id:kazechannel:20181128214210j:image

SEA TO SUMMITというメーカーをご存知だろうか。アウトドアに興味がない人は馴染みがないだろうが、SEA TO SUMMIT(シートゥーサミット)とは1990年にオーストラリアで創業したアウトドアギアメーカーだ。その名の通り海から山まで幅広いフィールドで使える良質なギアを作っている。

このメーカーのことは結構前から知ってはいたが、実際に製品を購入したことはなかった。つい先日、新たなインフレーターマットを探しにアウトドアショップに行った時のことだ。モンベル、NEMO、サーマレストなど錚々たるメーカーの製品が並ぶ中にシートゥーサミットの製品があった。

私が普段使っているインフレーターマットはワイルドワンのプライベートブランド、クオルツのライトインフレーティングマットだ。ひし形にウレタンがくり抜いてあるので、非常に軽量でコンパクト。気に入っていたが、ウレタンがくり抜かれているため空気が対流する空間が多く、冬は背中が寒くなる。

故に新しいインフレーターが欲しかった。条件はコンパクトでありながら、軽量、それでいて3cm以上の厚みがあり断熱性が高いモデル。これをクリアする製品はそう多くはない。

目に留まったのはシートゥーサミットのキャンプマットS.Iというモデル。厚みがあり、作りもしっかりしている。良いなと思いスマホでレビューなどをリサーチするも、ユーザーレビューらしいものが見当たらない。どうやら日本に入ってきて間もないためか、情報が少ないようだ。人柱覚悟で購入。価格は約8000円だった。

ざっくりスペックを説明すると、展開時は縦183cm横51cmとなり厚みは3.8cm。収納時は縦26cmで横16cmとなる。重さは本体のみで705gだ。厚みが3.8cmもあるマットとしては軽量でコンパクトである。ちなみにマットの断熱力の高さを表す数値であるR値はシートゥーサミットのHPによると4.0となっている。厳密にいうとR値は断熱力の高さだけを表す数値ではないらしいが、ここでは単純に表記させていただく。

R値4.0となるとギリギリ4シーズン用と言ってよいと思う。これ単体ではく、クローズドセルタイプのマットを併用すればR値6以上を達成できるので、寒い冬を凌ぐことは容易くはなくとも問題はないレベルだろうと思う。

長くなるので、使用感については次回以降に。