レンズとボディと私。

主にカメラの話と写真、日々の雑談を綴るブログです。

ついにVer.2.0

f:id:kazechannel:20180220185655j:image

ついにVer.2.0がアナウンスされそうな。今現在のE-M1 markⅡの最新ファームウェアは昨年末に発表されたVer.1.4だ。内容はEVFを覗きながら撮影をした時の動作安定性を向上したというものだった。

それ以降ファームウェアアップデートの噂は耳にするも具体的な話は出ずだったが、今日の時点で2月28日に大幅なアップデートが予定されているという噂があるという記事を目にした。内容は以下の通り。
- 新しいアートフィルター「Bleach Bypass」の追加
- 12-100mm F4 IS PROで深度合成が可能に
- AFターゲットモードにスモールターゲットを追加
- プロキャプチャーで最大35フレームまでセット可能に
- プロキャプチャー撮影中であることを表示するように改善
- フリッカースキャンが追加され、ライブビュー時にシャッター速度の調整によってフリッカーを低減することが可能に
- 8mm F1.8使用時の魚眼補正機能を追加。ライブビューで効果を確認できる
- 画像のプレイバックでズーム倍率がセット可能に
- プロキャプチャー撮影を新しく登場したレンズに対応
- バッテリー残量表示の改善
- AFをAEL/AFLボタンに割り当てた際のレスポンスの改善
- オリンパスキャプチャー使用時のカメラ動作の安定性の改善
- 動画撮影時の手ブレ補正の動作の安定性の改善

これは噂の域を超えており、海外では既にVer.2.0にアップデート出来ているユーザーがいるらしい。個人的にAFのスモールターゲット追加が一番嬉しい。野鳥を撮影しているとシングルターゲットを使うことが多いのだが、E-M1 markⅡのシングルターゲットは微妙に大きく使いにくい場面がある。枝の間を抜いて野鳥を撮影したい時などにAFが意図しない動きをしてしまった事が何度かあった。

あとは使いこなせて無いが野鳥撮影で活躍するであろうプロキャプチャーモードの改善も嬉しい。プロキャプチャーモードLを使用するとコマ数が落ちファインダーが見辛くなる。リフレッシュレートが遅くなるので野鳥の動きを追いにくいかったり、単純にチラチラして鬱陶しいのだ。親指AFはレスポンスが遅れる印象はなかったが、これがレスポンスアップするとなると更に撮影が快適になるだろう。

何れにせよE-M1 markⅡは更に良いカメラになる。OLYMPUSはこういうことを惜しみなくやってくれるので本当に良いメーカーだと思う。