レンズとボディと私。

主にカメラの話と写真、日々の雑談を綴るブログです。

レンズコート

f:id:kazechannel:20171224223128j:image

レンズコートなるものをご存知だろうか。望遠レンズに装着するカバーのようなもので、ネオプレーン 素材でレンズごとに専用設計されたものだ。上の写真は私がよく行く撮影場所におられた方。おそらく600mm F4Lだと思われるレンズにレンズコートを装着していた。私がメインで使用しているM.ZUIKO ED 300 F4 IS PRO用のモデルも存在し、日本でも販売されており、某サイトでの通販価格は送料込みで17,280円~19,440円(税込)となっている。

柄により値段が異なる。柄というのは迷彩柄のことで、リアルツリー柄、ウッドランド柄などがある。レンズに装着することでレンズそのものを鳥が認識し辛くなるカモフラージュ効果があり、警戒されにくいらしい。効果のほどは使ってみないとわからないが、物は試しにと思い購入することにした。が、しかし、送料を入れて2万円超えは高い。どうにか安く購入することができないかとAmazonヤフオクなどを徘徊してみたが、どこも同じ。それどころか売っていないサイトもあった。

色々ネットサーフィンしていると、B&Hというサイトを使用して個人輸入している方がいた。B&Hというサイト名は色んなところでチラホラとみたことがあったが、実際に使用したことはなかった。意を決してB&Hへアクセス。英語はほとんど読めないが、困ったら若干文章はおかしくなるが翻訳をネットで行えるため、言語の問題はほとんどない。

OLYMPUS 300mmと検索すると、なんと日本で販売されていない柄も販売されていた。価格は79.99$〜89.99$という格安だ。このブログを書いている現在の為替で計算すると凡そ1万円なり。安い。日本で購入すると送料込みで2万円を超えるリアルツリー柄が送料込みで約12,000円で買えた。海外からの輸入に対する不安はあるが、8,000円も節約できるのだから意を決して注文。慣れない英語を読解し、アカウント登録も済ませた。

あとは届くのを待つだけ。これで山での移動時などにレンズが傷つく心配はないし、カモフラージュもバッチリ。なによりカッコ良い。これなら迷彩柄のクロスなどでラッピングする時と違い、マニュアルフォーカスも使用できるはずだ。事前調査によると手作り感があるらしいが、期待した出来であるだろうと思う。ハクバやエツミもこのような物をリリースすれば良いのに。もちろん日本製で。