レンズとボディと私。

主にカメラの話と写真、日々の雑談を綴るブログです。

ルリビタキ

f:id:kazechannel:20171211131507j:image

 ルリビタキを初めて目の当たりにした。幸せを呼ぶ青い鳥だ。聞きなれない「ジジッ、ジジッ」という鳴き声を耳にし、目を凝らすとそこにいたので驚いた。綺麗な青に見惚れてしまう。

Panasonicの100-300mmでは撮影できても豆粒程度の大きさだ。換算600mmでもトリミングしないと画にならない。幸いE-M1 Mk2はある程度トリミング耐性があるのでギリギリまあまあな画になった。それでも天候が曇りである上に背景がごちゃごちゃしているので条件は悪いが、ファーストコンタクトにしては上出来か?

こうなると更に望遠のレンズが欲しくなる。しかしM4/3には最大でも換算800mmのPanasonicレンズしかない。しかもPanasonic製なのでプロキャプチャーモードが使用できない。これは困った。OLYMPUSにも300mm F4 PRO(換算600mm)というお高い望遠レンズが鳥を撮る用途だけに買うほど裕福ではない。こちらは×1.4のテレコンが使用できるので換算840mm  F5.6にできる。

買えない。今ならキャッシュバックもあるが、ぞれでも高すぎる。となると新しいレンズに期待するしかない。OLYMPUSから超望遠が出てくるのを待つのが吉だろう。PROレンズでなくても良いが、150-400 F4-5.6くらいのスペックが欲しいところ。もちろんテレコン使用可能で、価格は実売で15万円以内。焦点距離を絞って明るさを優先、鏡筒は金属とエンプラで構成され、防塵防滴、三脚座付き。フォーカスリミッターもあると嬉しい。加えてレンズ内手ぶれ補正も希望したい。

何様だと言われるほど無茶を書いているが、こんなレンズが出たら即買いしたいと思う。思うだけで、実際は暫く様子見をするだろうが(笑)